名刀 彼の名は『こてつ』

ある日、僕は子猫を譲り受けた。猫の名は『こてつ』。爪と牙は血に飢えた日本刀のごとく鋭く、黒と茶の縞模様は悪魔を召喚する魔法陣のように規則正しい幾何学模様をなしている・・・!!!

雑記、日記、考察、評論、小説、猫、他。

終わりの始まりは、光とともに訪れた。
黎明の刻、少女は目を覚ます。左腕で体をむくっと起き上がらせようと力を入れるも、肝心の左腕が消えていた。
ひじから下が、まるで透明人間のように消えている。
それが最初の消失だった。
飼い猫が、少女の残った右手をなめていた。

次の日の朝、曇天模様の空がカーテンから白く見えていた。目を覚ました彼女は、今度は自分の右足が消えていることに気づいた。
なぜか焦りや驚きはなかった。むしろ、スリッパが一つでよいじゃないかと喜ぶほどだった。しかし、スリッパのかわりに松葉づえが必要なことに気づき、それはそれで面倒だなとため息を漏らした。
猫は、持ち主をなくした片方のスリッパを噛んで遊んでいた。

次の日。今度は一気に腰から下が蒸発していた。
これで少女は、ベッドの上から身動きがとれなくなった。
猫は、仕方ないなぁと少女のお腹に乗ってあげた。
幸いにも、少女は残った右手で猫の頭をなでてあげることができた。
それが少女に唯一残された他者の接触だった。それが少女に許された最後の愛情表現だった。

さらに次の日、少女の顔の左半分が消えていた。
脳が半分、空気と化しても、意識はそのままなんだなと不思議な気分だった。

少女は、あと2・3日もすれば自分が完全に消えてなくなってしまうのだなと思った。
死を自覚すると、とたんに寂しく、悲しくなった。
涙がほほを伝って、猫の頭の上に落ちた。
猫はむくっと起き上がり、少女のあごにしずくとなって垂れる涙をなめた。

すでに右手の指は消えかけていた。
消える前にと、少女は手のひらで猫を撫でた。お前は私が飼い主で幸せだったか?なんて、今まで思ったこともない問いを口に出したりした。
少女は最後の力を振り絞って、残った顔半分を窓にこすりつけた。
10センチほど窓が開き、隙間風がさわやかに部屋中を駆け抜けた。

次の日の朝、少女の姿はなくなっていた。
片方のスリッパと松葉づえが無造作に転がっている部屋に、早朝の冷たい風が優しく吹き込んでいた。

猫は少女を愛していた。その愛は脚力となり、猫を世界の果てまで旅させた。
しかし、世界中をくまなく歩いても、猫は少女を見つけ出すことができなかった。それでも猫は諦めなかった。何年も、何年も、肉球に血がにじんでも、足の皮がはがれても、猫は少女を探し続けた。

猫が旅に出て8年目の冬。
とうとう力尽きて道端に倒れこんだ。いつか感じた冷たく優しい風が吹いてた。
もうろうとする意識の中で、たしかに、猫は感じた。
自分の頭をなでてくれるなつかしい感覚、そのやさしさ。なんとか目を開けようとするが、しかし猫にはもうその力すら残されていない。
少女が、自分を持ち上げて、ぎゅうっと抱きしめてくれた気がした。
これでやっと、安心して眠ることができると、猫は。


僕には小さな頃から憧れているものがある。
それは、『空飛ぶベッド』である。

34

あ、写真はうちのあほ猫なのでお気になさらず。

さて、空飛ぶベッドについてだが。
ドラゴンクエスト6を小学生の頃にプレイしたとき、僕は初めてベッドで空を飛ぶというものを見た。
ドラクエ内では、主人公たちがベッドに乗りながら世界を駆け巡り、冒険するというものだった。
少年だった僕はきらきらした瞳でそれを見つめていた。

ベッドの上、という場所自体を聖地のように思っていた僕は、お布団にくるまりながら
青空を旅することに異常なまでの憧れを抱いていた。
水や食料はベッド下の引き出しにたんまり入れ込んで、世界地図を片手に進むんだ。
もちろん、魔法の力で雨や風は完全に遮断され、湿度と温度は一定に保たれたベッドの上で。
僕はパジャマ姿で大海原や砂漠、雪原や森林、ピラミッドや高層ビルを眺めて進むんだ。
お布団にくるまって!!

若返りの薬や、暗記パンや、タイムマシンなんかよりも、空飛ぶベッドの開発はよ!!!

FF14をはじめて、もう3年ほどになる。
だんだんと旅ができるエリアが増えて楽しい。

ffxiv_20170122_223136

写真はグリダニアという森林の街、その東側にカーラインカフェと呼ばれるレストランで撮ったスクショである。
オンラインゲームは自宅でできる最高の思い出づくりだと考える。
感覚としては、高校時代の部活に似ている。目的はあるのに、達成することよりも道中を楽しむことに重きを置き、だらだらと並んで時を歩む感じ。

そんなこんなで旅を続ける。
終わりもなければ、始まりもない旅へ。
 

このページのトップヘ