夏目漱石の『吾輩は猫である』という小説がある。
そこで登場する三毛猫の三毛子は、とても美人なメス猫で、飼い主にとても愛されている。
しかし、ある日突然体調を崩し、医者に診てもらうも結局はかえらぬ人(猫)となる。
飼い主は三毛子のためにお坊さんを呼び、お経をあげる。戒名までつけられ、立派な見送り方をするのだ。


53

写真は、三毛子のような美人とはかけ離れた雑種道まっしぐらのアホ猫、我が家のこてつ氏である。
三毛子が体調を崩してから死に至るまで、ほんの1日程度の時間だった。

人間よりも猫の方が死に近い存在なのかもしれない。
というより、自身の病状を明確に伝えることができない猫にとって、病魔と闘うことはそれすなわち孤独の極みなのかもしれない。

猫は猫、人は人。人生ならぬ、猫生(無理やり音読みをしようとするなら、ビョウセイと読むべきか)をしっかり生き抜いてほしいと思う。いくらアホ猫といえど、我が家の家族である。